ケンペネールしずこの英会話教材、ケンペネEnglishは詐欺じゃなかった

「本当に英会話ができるようになるのか?」

ケンペネEnglishを始めようとしている人にとって、一番気になるのはこの部分なのではないでしょうか。

これまでさまざまな英会話教材が登場し、いろいろなメソッドが提唱されてきました。しかしその中には、残念ながら「簡単にできる」と謳っておきながら、実際は複雑なトレーニングをさせたり継続が難しいものだったりと詐欺のような教材があるのも事実です。これまで教材を使って英会話ができなかった人だけでなく、使ったことがない人でも、そのような話を聞いたりして不安になっているのではないでしょうか。

先に結論から申し上げておくと、今回取り上げたケンペネEnglishは詐欺教材ではありません。この教材で勉強すれば確実に英会話は身につき、趣味や仕事を充実させ、夢を叶えることができます。

とはいえ、このひと言だけでは説得力がありませんので、この記事で詐欺ではないと断言できる根拠を5つ列挙しました。その上で、ケンペネEnglishがもたらす効果やこの教材を使った人の感想をご紹介しています。

・ケンペネEnglishが詐欺ではない根拠をはっきり知りたい人

・そもそもケンペネEnglishはどんな効果があるのか把握したい人

・客観的な意見や第三者の話が聞きたい人

これらに当てはまる人は、ぜひお読みください。ケンペネEnglishを始める前の参考材料や、ほかの英会話教材の比較材料にしていただければ幸いです。

ケンペネEnglish(ケンペネイングリッシュ)は詐欺じゃない・根拠①レッスン形態が理にかなっている

ケンペネEnglishは詐欺じゃない・根拠①レッスン形態が理にかなっている

早速、ケンペネEnglishが詐欺ではない根拠のひとつ目をご紹介していきましょう。それはケンペネEnglishのレッスン形態が、英会話を身につける上で理にかなっていることです。この根拠があることで、いろいろなライフスタイルの人でも気軽にレッスンを続けることができ、英会話スキルの向上に成功しています。

肝心なレッスン形態はどのようなものかと言うと、スマホで動画を見る、という実にシンプルなものです。果たしてどのような点が理にかなっているのか。以下に解説していきます。

スマホの利点

スマホの利点

まず詐欺ではない(上達する)根拠となっているのが、スマホ特有の利点です。スマホでのレッスンには、「手軽にできること」「レッスン場所を選ばないこと」というメリットがあります。

手軽にできること

スマホを使ったレッスンの場合、英会話トレーニングをするときにスマホ一台ででき、教科書のようなテキスト教材がないことがほとんどです。ケンペネEnglishも例外ではありません。そのためわざわざ机に向かう必要がなく、例えばベッドの上で寝転びながら、料理をしながらレッスンを受けることができます。

レッスン場所を選ばないこと

レッスンする場所を選ばないこともスマホの利点です。上述したようにスマホ一台で済み、重たい教科書などを持ち歩かなくていいので、自宅以外の場所でレッスンを受けようと思えば受けられます。気分を変えてレッスンをしたいときや自宅では集中できないときなどに、勉強環境を自分で自由に変えながら取り組めるのがスマホレッスンのメリットです。

動画の利点

動画の利点

ケンペネEnglishは、あらかじめ作り込まれた動画を見てレッスンをしていきます。この動画である利点は、「好きなタイミングでできること」「繰り返し見れること」のふたつ。これらもまた、さまざまな人を上達に導いてくれるものです。

「好きなタイミングでできること」

この利点は、一見すると当たり前のようですが、実はこと英会話のレッスンでは非常に理にかなったものとなります。というのも、人の数だけあるライフスタイルに対応できるからです。

英会話を学びたい人には、カレンダーどおりの仕事をしている人もいれば、夜間勤務が中心の人もいるでしょう。朝型の人もいれば、夜型の人もいるはずです。

あらかじめ収録された動画のレッスンであれば好きなタイミングでできるので、どんな生活スタイルの人でも関係なく受けられます。「受けたいのに授業のスケジュールが合わなくて受けられない」「仕事を早めに上がらないと授業に間に合わない」というのがないため続けやすく、上達に結びつきやすいメリットがあるのです。

「繰り返し見れること」

こちらも至極当然のことですが、英会話レッスンの場合はやはり大きなメリットです。ケンペネEnglishの動画は、後ほど詳しく紹介しますが一度見るだけでも十分に理解がしやすく、ステップ・バイ・ステップでスキルアップできるように作られています。

しかし勉強のスピードというのは、人によって違うものです。またAさんにとって得意な分野でも、Bさんにとっては苦手な分野、というケースも必ずあります。そのため、Aさんは大丈夫でもBさんは一度の動画視聴だけではやや不安、という場面が出てくる可能性はゼロではありません。

そんなとき動画であれば、簡単にリピート再生ができ、同じレッスンを繰り返し受けることできます。つまり同じ復習がしやすく、苦手な部分を克服しやすいのです。これも、ケンペネEnglishで確実に英会話力が上達する根拠のひとつと言えるでしょう。

ケンペネEnglish(ケンペネイングリッシュ)は詐欺じゃない・根拠②理論と学問に基づいている

ケンペネEnglishは詐欺じゃない・根拠②理論と学問に基づいている

ケンペネEnglishは、単に「動画で手軽に上達する」と言っているわけではありません。それを可能にするために、記憶理論やゲーム理論といった複数の理論、行動心理学や脳神経科学などの各種学問に基づいて作られています。これが、ケンペネEnglishは詐欺教材ではないと言える根拠のふたつ目です。

20時間理論

20時間理論

20時間理論は、人が学習する上で、より効率よく勉強できる時間が20時間であることを応用した理論です。ケンペネEnglishではこれに基づき、レッスン動画1本あたりの時間を20分に設定し、かつそれを2ヶ月毎日続けるようにスケジュールが組まれています(具体的なスケジュールも詐欺ではない根拠のひとつです。詳しくは下記を見てください)。

カタカナ英語の活用

カタカナ英語の活用

ケンペネEnglishの説明で、最も欠いてはならないのがこのカタカナ英語の活用です。カタカナ英語は英語の外来語のことで、パソコンやプリンター、マウスといった「元の言葉が英語で、かつ日常生活に溶け込んだ言葉」のこと。日本人はすでに2,000語以上は身につけていると言われています(ちなみに外来語自体は現在3万語以上あります)。

ケンペネEnglishでは、このカタカナ英語を活かしたレッスンを行っているのが特徴です。英会話をする上では700語程度あれば十分なため、新しく難しい言葉を覚える必要はないとしています。

フォニックス

フォニックス

もちろんカタカナ英語だけでは、到底英語を話すことはできません。そのカタカナ英語をどうすれば活かせるのか、その技術を身につける必要があります。ケンペネEnglishでは、そのためのトレーニング方法にフォニックスを採用しています。

フォニックスとは、英語圏の子どもたちがスピーディーに言語を身につけるために編み出された指導方法です。最大の特徴は、単語やフレーズの発音ではなく、その元となるアルファベットの発音をマスターするところから始まる点にあります。

組み合わせでリアルな発音に

フォニックスでは、このアルファベットの発音を身につけ、さまざまな単語をその音を組み合わせて発音すればネイティブに伝わるスピーキングができるとしています。つまりカタカナ英語が、リアルな英会話で使える英単語になっていくのです。またアルファベットという基礎をマスターしているため、仮にカタカナ英語にはない単語でもすぐに発音の仕方がわかるようにもなります。

ケンペネEnglish(ケンペネイングリッシュ)は詐欺じゃない・根拠③スケジュールがしっかりしている

ケンペネEnglishは詐欺じゃない・根拠③スケジュールがしっかりしている

根拠の3つ目は、2ヶ月のスケジュールが計算されている点です。ケンペネEnglishの以下のとおりになります。

①1~2週目 カタカナ英語の習得

②3~4週目 フォニックスの習得&単語の発音練習

③5~8週目 例文の発音練習

この3つの期間に区切ったカリキュラムにも、上達する秘密が隠されています。それぞれの授業について説明した上で、解き明かしていきましょう。

授業内容について

授業内容について

ケンペネEnglishでは最初に、カタカナ英語の習得を行います。ここでは、もともと知っているいわゆるカタカナ英語(英単語)とは別に、発音パターン6つ、文法パターン1つ、会話の基礎パターン30個をレクチャー。この動画を通して、カタカナ英語を利用し、ネイティブに伝わる英語を話すための言わば基礎づくりができます。

次の2週間では、先ほど説明したフォニックスを習得し、基本的な単語の発音や音の変化のルールなどをレッスン。新しい単語を見ても、レゴピースのように音と音を組み合わせ、発音する作業がスムーズにできるように練習していきます。

最後は、ネイティブが日常生活でよく使うフレーズを発音する1ヶ月です。ネイティブと会話をするときに、円滑にコール・アンド・レスポンスができるようになる、より実践的な練習となっています。

インプットとアウトプットのバランス

インプットとアウトプットのバランス

このスケジュールの特徴は、インプットとアウトプットのバランスが絶妙なことです。入力だけでなく、出力することで実際の英会話に役立つスキルがアップ。また発音をすることで、レッスンで習ったことがより脳に定着しやすくなっています。ケンペネEnglishのスケジュールは、こうしたインとアウトの相互補完によって、劇的に英会話のスキルが上がるよう計算されているのです。

日本人は習得がメインになりがち

日本人は習得がメインになりがち

日本人は英語学習というと、単語や文法の記憶をメインにする傾向にあります。英会話ができるようになるためには、まずたくさん覚えなければいけないと考えがちです。しかし実際は、自分で発音をするという訓練をしなければ、一向に話せるようにはなりません。

ケンペネEnglishでも習得することは多くありますが、もしこれだけだとしたら上達する人の数は少ないでしょう。インプットと同じくらいアウトプットがあるからこそ、フォニックスという新しいトレーニング方法にもすぐに慣れ、上達へと向かっていくことができるのです。

ケンペネEnglish(ケンペネイングリッシュ)は詐欺じゃない・根拠④逐次フィードバックしてくれる

ケンペネEnglishは詐欺じゃない・根拠④逐次フィードバックしてくれる

講師陣が発音に対して逐次フィードバックしてくれるのも、ケンペネEnglishの詐欺教材ではない根拠に挙げられます。講師によるアドバイスには上達に直結するメリットが2つあるからです。

フィードバックのメリット

ひとつ目は言わずもがな、正しい発音力が最短で身につくというメリットです。自分の発音で直すべきポイントを的確に指摘してくれるので、指示通りに修正をすればそれだけでネイティブレベルに近づけます。

ふたつ目は、自分が成長しているかどうかが見えるというもの。1回切りではなく、逐次フィードバックをしてくれるので、前回と比べてどこがよくなったのかが自分でわかります。自ら成長をしている感覚が得られれば、モチベーションも上がるもの。当然それは自然にレベルアップにも繋がります。

直接指導もあり

この手の教材では珍しく、ケンペネEnglishには直接指導してくれる機会があります。数多くのセミナーで指導している講師陣が、自らの経験や効果が実証されている指導法に基づいてアドバイスを行っているのです。2ヶ月に一度の開催ですが、この指導でさらに上達したという口コミも少なくありません。

ケンペネEnglish(ケンペネイングリッシュ)は詐欺じゃない・根拠⑤制作者に実績がある

ケンペネEnglishは詐欺じゃない・根拠⑤制作者に実績がある

ケンペネEnglishは詐欺ではない、その最後の根拠が、この英会話教材の制作者であるケンペネール・しずこ氏の実績が豊富なことです。

ケンペネール・しずこ氏の実績

ケンペネール・しずこ氏は、数多くのイベントの同時通訳者として活動する方です。これまでアップルの創設者の1人であるステファン・ゲーリー・ウォズニアック(Stephen Gary Wozniak)氏や、アメリカのローンチマーケッターであるジェフ・ウォーカー(Jeff Walker)氏など、数々の著名人や成功者の同時通訳をしてきました。

ケンペネール・しずこ氏が制作していることの意味

ケンペネール・しずこ氏は、現在同時通訳者の育成に携わっています。彼女の指導を受けた人はみな優秀で、各方面で活躍しているとのことです。

また彼女には8人の子どもがいますが、全員ホームスタディだけでネイティブ英会話を身につけさせることにも成功しています。TOEICの勉強を一切させずに、息子さんに985点、娘さんに990点を獲得させているというから驚きです。

これらから言えるのはケンペネール・しずこ氏が、優れた英語力と同時に指導力を持っている、ということでしょう。日本人が苦労することなく、ネイティブレベルの英語を身につけるためのノウハウをケンペネール・しずこ氏は知っているのです。ケンペネEnglishが詐欺ではなく、本物の実力を持っているのに十分な根拠と言えます。

英会話教材・ケンペネEnglish(ケンペネイングリッシュ)ならではの利点

英会話教材・ケンペネEnglishならではの利点

英会話教材・ケンペネEnglishが詐欺ではない根拠を5つご紹介してきました。この教材を使えば上達するのはほぼ間違いなく、2ヶ月後にはネイティブレベルの英語を話せるようになっていることでしょう。では次に、正真正銘の実力を持つ根拠がさまざまあるケンペネEnglishだからこそ持っている、いくつかの利点についてご紹介していきます。ほかの英会話教材と見比べるときの参考としてください。

いろんな人の英語レベルがアップする

いろんな人の英語レベルがアップする

ケンペネEnglishでは、カタカナ英語を使って勉強するという斬新なアイデアで、極力単純な訓練で英会話が身につくようにしています。この特徴から、いろいろな背景を持つ人がレベルアップするようになっているのです。それは、「客観的に見ても英語を身につけるのがかなり難しいのでは…?」と思えるような人でも例外ではありません。

以下で一見厳しそうな人の例を挙げ、それでも上達できる理由を解説します。念のためお伝えしておきますが、下に当てはまらなかったからと言って英語が話せるようにならないわけではありません。

勉強が嫌いな人

英会話教材を使ったレッスンは語学勉強です。反対に言えば、勉強が嫌いというのは英会話学習において致命的な弱点のようにも見えます。

勉強が嫌いな理由はさまざまですが、大きく分ければ「理解ができない」「身についている実感がない」という2点が挙げられるでしょう。わからないからつまらない、やってもできた試しがないからやりたくない、そんな経験は、嫌いという感情に結びつきやすいものとされています。

ケンペネEnglishは、先ほど伝えたようにもともと勝手に身につけているカタカナ英語を採用した教材です。そのため、最初からある程度できている状態から始めることになっています。

つまりケンペネEnglishの授業は、どんなに英語が嫌いで、これまでほとんど勉強してこなかった人でもすぐに理解できる内容になっているのです。また、そうした内容だからこそ繰り返しレッスンをしていけば、自分の発音に変化が現れている実感を掴むことも可能になっています。

勉強しても身につかなかった人

「いくら英会話教室に通っても話せない」「速聴などの英会話教材をやったけど無理」など、勉強しても身につかなかった人にも、ケンペネEnglishは救いの手を差し伸べてくれます。成長ができない理由も嫌いな理由と同じでさまざまありますが、アウトプットとインプットのどちらかに偏った勉強をしていることが大半だからです。

ケンペネEnglishのインプットとアウトプットのバランスが優れたスケジュールは、もしかしたらそうしたレッスン方法や教材の反省を活かしているのかもしれません。いずれにしてもケンペネEnglishは、ネイティブと会話ができる必要な知識を教える時間と、正しく使いこなせるように指導する時間を均等に配分しているので、これまで勉強して身につかなかった人でも上達しやすいと言えるでしょう。

勉強時間が作れない人

仕事や家事などで勉強時間がなかなか作れない人でも、ケンペネEnglishなら成長が望めます。なぜなら、ケンペネEnglishの動画が1本20分だからです。

20分という短い時間なら、例えば家事と家事の合間の一段落ついたときにできそうな気がしませんか。仕事で多忙を極めていても、通勤時間中や就寝前ならどうでしょうか。防水性能のあるスマホを持っているなら、入浴中はどうでしょう。

ケンペネEnglishは、英会話教室のように90分の授業を受けるわけではないので、隙間時間さえ見つければレッスンが受けられます。そしてその隙間時間は、自分の時間がないと感じていても必ずどこかに隠れていたりするものです。

ちなみに勉強時間が作れなかった人の中には、ケンペネEnglishで英語力を磨けただけでなく、時間の有効的な使い方も身につけられたという人もいます。仕事がもっと効率よくできるような時間管理スキルを別に身につけたい人にも、ケンペネEnglishはおすすめな教材と言えるかもしれません。

三日坊主の人

何をやっても続かない、そんな三日坊主な人もケンペネEnglishならスキルを伸ばすことが可能です。「やりかけの英会話教材が10個ある」ような人がケンペネEnglishならやり通せた、というケースもあるなど、ケンペネEnglishを継続して勉強できたと語る人は多くいます。

ほかの英会話教材や英会話教室が続かない理由として大きいのが、いつ話せるようになるのかがわかりにくいことです。その点、ケンペネEnglishはスケジュールがしっかり練り込まれ、2ヶ月間でネイティブ化すると高らかに謳っています(もちろん勉強の仕方や勉強スピードによって個人差はありますが)。

このようなはっきりとしたひとつの目標が提示されると、「そこまでは頑張ってみようかな」と思えてきますよね。ケンペネEnglish自体が狙っていたのかどうかははっきりわかりませんが、そうした心理的な誘導で三日坊主の人が続くケースは実際多くあります。

英会話力以外の力もつく

英会話力以外の力もつく

ケンペネEnglishを習う利点のもうひとつは、英会話力以外のスキルも身につくことです。単にネイティブとスムーズに話せるだけではないメリットが、この英会話教材にはあります。

スタンダードな表現力が身につく

英語を学ぶ目的で多いのが、「海外旅行を楽しむため」です。英会話ができれば現地の人に直接案内してもらったり、レストランでスマートに食べ物を注文したりすることなどができます。逐一通訳者を頼ることがなくなるので、自由気ままに行動して旅を楽しむことも可能です。

ただ通訳を介さずに話していると、稀にこちらが使った言葉に対して、相手が不快感を顕にするときもあります。なぜか相手に冷たい対応をされた、相手が急に怒ってきたというケースもゼロではありません。原因は複数あるので一概には言えませんが、ありがちなパターンとしてあるのが、堂々と話したその言葉が目上の人に対して使うべきものではなかった、初対面の人に聞くべきではない質問をしてしまったというものです。

ケンペネEnglishで身につけるのは会話で頻出するフレーズや単語で、シチュエーション問わず使えるようなものが中心になっています。そのため、どんな相手に対しても、不快な思いをさせるような言動をうっかりしてしまうことはほぼないでしょう。海外旅行のトラブルを抑えたい人や、心ゆくまで満喫したい人に役立つようなスタンダードな表現力をケンペネEnglishであれば身につけられます。

共感力が身につく

ケンペネEnglishでは、フォニックスというトレーニング方法で、知らない単語や聞いたことのないフレーズもすぐに理解する力がつくのが特徴です。実際の会話に怯えることがほとんどなくなり、日本人と話すようにネイティブと自然な形で英語を交わすことができます。

日本語と同じように自然な感覚で会話ができるようになると、次は相手の気持ちに寄り添ったり、共感したりできるようになるでしょう。それだけ自分の心に余裕ができるからです。

ケンペネEnglishの口コミには、ネイティブが楽しそうに話してくれた、困っていたネイティブに話しかけたらすぐに安心してくれた、といったコメントが多数あります。会話の仕方だけでなく、会話をして相手と心を通い合わせられる英語をケンペネEnglishは教えてくれるのです。

ケンペネEnglish(ケンペネイングリッシュ)をやってみた人の感想

ケンペネEnglishをやってみた人の感想

ケンペネEnglishは、勉強が嫌いな人や三日坊主の人などでも成長できるメソッドがあります。最後に、そんな英会話教材が客観的にどう評価されているのかを確かめるために、実際にやった人の感想をご紹介しましょう。

藤田さんの感想

ケンペネEnglishを始めたのは、何かひとつ自慢できるスキルが欲しかったからです。何の取り柄もなかったので、何かないかなと。そんな話を知人にしたら、ケンペネEnglishを紹介してもらったんですね。

本当のことを言うと、あんまりこういう教材は信じていませんでした。どうせお金ばかり払って、結局できないんだろうなって。詐欺のような教材があるというのも聞いたことがありますからね。

でもケンペネEnglishをよく調べているうちに、なぜケンペネEnglishなら話せるようになるのか、どんな方法を使って身につけさせるのか、そういう理由や根拠がちゃんと考えられているかがわかってきたんです。だから思い切って始めました。

動画だからわかりやすかった

ケンペネEnglishをやってみて初めてわかったのは、調べていた以上によかったということですね。動画の説明もすごく丁寧で、わかりづらいなって思うところがほとんどありませんでした。だからアルファベットの読み方も全然違うんですけど、理解するのにそこまで時間はかかりませんでしたね。あと動画っていうのも大きかったかなと。映像と音があったから、すぐに覚えられたんだと思います。

ずっと楽しめた

あとレッスンのための動画って言っても、あんまり堅苦しさがなかったのがよかったです。なので20分のレッスン時間も、毎回あっという間でした。レッスンが終わるとすごく不思議なことに、明日はどんな動画が配信されるんだろう、っていう気持ちにさえなっていたんですよ。

それもあって2ヶ月経って英語がだいぶ話せるようになったときに、勉強したって言うより、もう2ヶ月経ったんだ、ひと通り受けたんだっていう感じでしたね。勉強は勉強なんですけど、そんな感じが全くないのがケンペネEnglishの良さなのかなと思いますね。

坂本さんの感想

ケンペネEnglishは以前から気になっていた英会話教材だったんですが、ずっと半信半疑だったんですよ。どうしようかな…なんて思っていたら、友人が先にやり始めてどんどん英語が話せるようになっていたんですね。それで慌てて私も申し込みました(笑)。

フィードバックがあったから安心してできた

ケンペネEnglishのいいところは挙げるとキリがないくらいなんですが、一番は先生が発音をチェックしてくれるところじゃないでしょうか。うまくは言えないんですけど、こういう英会話教材ってやっていると孤独感を覚えるときってあるじゃないですか。先生がそばにいてくれるってだけで安心しましたし、それがモチベーションになりましたね。

毎日配信も意外といい

最初、2ヶ月間毎日動画を配信してくれるのを聞いたときに、ついていけるかなあと思っていました。友人も始める直前までこれで悩んでいたみたいですね。ただいざやってみると、そんなに大変じゃなかったんです。授業とトレーニングの時間がちゃんとあって、1回見るだけで習得できるように作られていたからだと思います。

むしろ途中から毎日配信っていいなあ、って感じるようになりましたね。私みたいな熱しやすく冷めやすいタイプの人間は、一日空いただけですぐにやる気がなくなってしまうので…。自分は飽きっぽいと思っている人ほど、ケンペネEnglishはおすすめな教材ですね。

まとめ

まとめ

「ケンペネEnglishが詐欺教材か?」

と聞かれたら、私は「違う」と断言します。それにはさまざまな理論と学問に基づいて作られている、スケジュールが作り込まれているなど、5つの理由があるからです。

そうでなければ今回ご紹介したような、ケンペネEnglishを高く評価するようなコメントはないでしょう。ましてこれがほんの一部と言えるほどに、数えきれないくらいの「良い口コミ」が寄せられることもありません。

英会話教材・ケンペネEnglishは紛れもなく本物の実力を持っています。2ヶ月後に英語がスラスラと話せるようになりたいなら、ぜひ今からケンペネEnglishを始めてみましょう。