ケンペネEnglishで確かな効果を叩き出すためのポイント

ケンペネEnglishで確かな効果を叩き出すためのポイント

ケンペネEnglishは、さまざまな人の英語力を高めてくれる英会話教材として、今なお高く評価されています。1日20分の授業を60日間受けるだけでスキルが伸びる、というフレーズのキャッチさは、やはり勉強に悩んできた人や勉強に対して苦手意識がある人の心に刺さるようです。

英語を勉強するなら、簡単・手軽に身につけたいと誰もが思うもの。まさにケンペネEnglishはその思いに応えてくれる教材と言えるでしょう。

そのようなケンペネEnglishにも、受講中にある2つのことを実行するだけで、より高い効果を得ることが判明しています。「英語がスラスラと話せる」という嬉しい結果を確実に掴むために、ぜひ参考としてください。

ケンペネEnglishの公式サイトへ

積極的に制度を利用する

積極的に制度を利用する

ケンペネEnglishのレッスンを受けているときに実行してほしいのは、サポートの積極的な利用です。サポートというのは、この英会話教材でネイティブ英語を手にするための支援のようなもの。スキルアップを確かなものにするために、使い倒す意識を持ってください。

活用したいサポートは2つ

設けられているサポートはいくつかあります。ここで特に使わないともったいないのが、「ウェビナー」「相談窓口」です。それぞれ特徴を解説します。

ウェビナー

「ウェビナー」とは、ウェブ上で開催されるセミナーのことです。ケンペネEnglishはレッスンを受ける人からの疑問や質問などを受け付けており、それを元にした講義をインターネットを通じて行っています。

特に多かった質問や、ケンペネEnglish側でこれは伝えた方がいいと判断した問い合わせを元に制作されているので、有益な情報が詰まっているのがウェビナーの何よりの特徴です。開催は不定期なので、見逃さないようにチェックを怠らないようにしましょう。

相談窓口

ケンペネEnglishには、レッスンを受ける人が途中で挫折しないように、困ったことや不安なことを相談できる窓口が用意されています。電話であれば毎日10時から18時までで、メールは24時間体制で受付中です。問い合わせの内容に応じて、メールや動画、音声などで回答してくれます。

一度問い合わせした人に話を聞く機会がありましたが、説明がわかりやすく安心できたとのこと。途中でやめそうになったが、そのおかげでやり通すことができたと話してくれました。

前向きな気持ちがすべてをうまく回す

「ウェビナー」「相談窓口」は、どちらもケンペネEnglishの基本的なサービスの中に含まれています。利用するための追加料金は一切必要ありませんので、積極的に使いたいところです。

またサポートを利用することは実用面でも有効ですが、精神面でもいいメリットがあります。的確なアドバイスをもらってまた頑張ろうという気になることもあれば、どんどん利用しようという気持ちでモチベーションが自ずと上がることもあるでしょう。そうした前向きな姿勢は、当然ながら勉強の効果や効率にもいい影響をもたらし、さらなる飛躍へと繋がるものです。

過去の失敗を引きずらない

過去の失敗を引きずらない

過去の失敗を引きずらないのも、実行してほしいことになります。授業で発音がうまくできなかった、英会話教材を複数やったけど続かなかった、と人それぞれ苦い思い出があるでしょう。ケンペネEnglishのレッスンを受けるときは、どうかそれを思い返さないように意識してください。

苦い思い出は勉強の敵

なぜなら、そうしたつらい記憶は勉強の効率を下げるからです。例えば、発音していたら昔の嫌な思い出が蘇ってきた、講義の最中に「前の教材で失敗したけど、今回はどうなのかな…」と心配ばかりしていた、と話す人がいたらどうでしょう。この人、ちゃんと授業に集中できていないな、と思いますよね。

どんなに画期的な授業でも、本人がきちんと向き合っていなければ効果は激減します。その状態では何時間とやっていても、あまり意味がありません。

話せる力があると信じる

対策としては、まず自分には話せる力があると信じることでしょう。ケンペネEnglishは、日本人がすでに身につけているカタカナ英語を活用し、あとはそれをどう活かせば話せるようになるのかを教えてくれる教材です。そのカタカナ英語の数は、日常英会話に必要な語数を上回っています。

つまり過去に失敗してしまった人は、ただ言葉の正しい使い方を知らなかっただけ。私たちはもともと話す力を持っているのです。そう考えると、気楽に授業が受けられる気がしませんか。

他の英会話教材と比べない

ケンペネEnglishのこうしたメソッドは、画期的と言われるほど前例のないものです。それは、他の英会話教材によるレッスンの失敗パターンが当てはまらないのと同じでしょう。このように考えれば、これまで上達できなかったとしても関係ないと思えるはずです。

まとめ

まとめ

・積極的に制度を利用する

・過去の失敗は引きずらない

これらのアドバイスは、必ずしもしなければならないわけではありません。基本レッスンを受けて上達する人も、もちろんいます。あくまでより高い効果を得るためのものと認識しておいてください。

ただ記事を読んだときに「確かに自分は挫折しやすいな」「もう英会話教材なんていいや、と思っていたときがあったな」と感じたら、今回のことを少しだけ強く意識をしてもらえると、役立つときが必ず来るでしょう。

ケンペネEnglishの公式サイトへ TOPページを見る