なぜ詐欺と疑われる?ケンペネEnglishの料金から解説

なぜ詐欺と疑われる?ケンペネEnglishの料金から解説

昨今、さまざまな英会話教材がリリースされていますが、詐欺(あるいは詐欺と思ってしまうような)教材が残念ながらあります。そのような流れから、ケンペネEnglishにも疑いの目が向けられているのも事実です。『ケンペネールしずこの英会話教材、ケンペネEnglishは詐欺じゃなかった』では、そんな不信感を払拭するためにさまざまな根拠を上げて説明しました。

しかしこのような意見もあるでしょう。本当に良い教材であれば、そもそも不信感を持たれずに済むのでは、と。確かにそれも一理ありです。

では、なぜケンペネEnglishそのものが詐欺と疑われしまうのか。調査してみると、この英会話教材の場合、「コストパフォーマンスがいい」ことが、要因となっていることがわかりました。今回はどの程度いいのかについてお伝えしたあと、ケンペネEnglishは良い教材だと言えることを証明します。

ケンペネEnglish(ケンペネイングリッシュ)のコストパフォーマンス

ケンペネEnglish(ケンペネイングリッシュ)のコストパフォーマンス

最初に、ケンペネEnglishのコストパフォーマンスについてです。具体的にはケンペネEnglishの料金のご紹介、続けて他のレッスンと比較をしていきます。これによってどのくらい優れているのか、ひと目でわかるはずです。

料金と支払い方法

ケンペネEnglishの料金は197,000円です。支払いは各種クレジットカード、あるいは銀行振込に対応しています。一度に約20万円支払う以外に、分割払い(3回払いならひと月約70,000円、6回払いなら約33,300円)も可能です。ただ分割手数料がかかる場合がほとんどなので、ご自身の経済事情に合った支払い回数を選ぶといいでしょう。

他のレッスンと比べてみる

さて一見すると、197,000円というのは大金です。もしかしたらこの料金を知ったことで、ケンペネEnglishを始めることを躊躇してしまった人もいるかもしれません。ですが、この金額は他のレッスンと比べても破格と言えるのです。

比較する前に

ケンペネEnglishと他のレッスンを比べるときに、参考になるのが対英会話教室です。なぜならケンペネEnglishは、常に先生がサポートする体制が整っていているからです。細かく見れば状況は違いますが、ほかの英会話教材だと先生がほとんど介入することがないのであまり参考になりません。

また英会話教室の中でも、ここではマンツーマンレッスンの料金と比較します。ケンペネEnglishは、ひとりひとりに合った指導を受けられるという理由です。

英会話教室との比較

英会話教室のマンツーマンレッスンは、グループレッスンと比べると割高です。教室によっては倍近く違うところもあります。そんな個別授業の平均費用は大体40分の授業で、8,000円前後です。

これを仮にケンペネEnglishの授業時間(1日20分・60日間)に合わせた場合、次のようになります。

1日の授業料
(20分)
ケンペネEnglish
約3,283円
英会話教室
約4,000円
トータルの授業料
(60日間)
ケンペネEnglish
197,000円
英会話教室
約240,000円

ケンペネEnglishのコストパフォーマンス

英会話教室の中には、このほかに教材費や入会費を求めるところもあります。場合によっては、交通費も必要です。ですので多くの人は、ケンペネEnglishと同じ60日間レッスンを受けたとき、30万円超はかかると考えていいかもしれません。

一方で、ケンペネEnglishは197,000円のみ。その上でメインとなる動画配信と講師によるフィードバックのほか、対面セミナーやワークショップの開催、複数の副教材の提供などを行っています。動画だけのレッスンと聞くと割高のように聞こえますが決してそんなことはなく、むしろ英会話レッスンの中でもコストパフォーマンスのいい教材と言えるでしょう。

詐欺ではないと言えるキーワードは「返金保証」

詐欺ではないと言えるキーワードは「返金保証」

英会話教室との比較によって、ケンペネEnglishがコストパフォーマンスに優れた教材であることが確認できました。レッスン内容と料金のバランスが、良い意味で合っていないことがわかっていただけたでしょう。これでは「良いことを言ってお金をだまし取ろうとしていないか」と疑われても仕方ありません。

続いて詐欺ではないと言える根拠をご説明します。キーワードは返金保証です。

返金保証付き

ケンペネEnglishでは、安心してレッスンを受けてもらえるように、満足のいく結果が出なかったら全額返金をするとしています。本当の詐欺教材であれば、ここまで高らかに宣言することはまずありません。お金をだまし取ることが目的なので、意味がないからです。

返金の条件について

ただし返金には、次のような条件があります。

・動画の視聴と発音のチェックを3/4以上してもらっている

・講義に従い、英語が話せるように取り組んでいる

・上記2つの条件をクリアした上で、学習プランを変更しても英語が話せない

簡単に言うと、本気でケンペネEnglishの頑張っていながら成果が出なかったときにお金が戻ってくる、ということになります。

まとめ

まとめ

ケンペネEnglishは、コストパフォーマンスのよさから詐欺と疑われがちです。しかし返金保証がしっかり設けられていることから、いい加減な教材とは決して言えません。確かに条件付きですが、そのルールをよく見れば、むしろ努力を怠らなかった人に対して誠意ある行動を示そうとしていることがわかります。

約20万円をどう見るかは自由ですが、この英会話教材の支払いに使うのであれば、まず無駄にはならないでしょう。

TOPページを見る